ライオンズクラブとは

世界最大の奉仕団体 ライオンズクラブ

世界最大の奉仕団体 ライオンズクラブ

ライオンズクラブは、200を超える国と地域におよそ48,000のクラブ、145万人の会員を擁する世界最大の奉仕団体です。
1917年にアメリカ、シカゴ市でメルビン・ジョーンズ氏により創始され、わが国では1952年に東京において最初のクラブが結成。以来、次々と国内各地に誕生し、2018年5月末現在、3,051クラブ、11万8,000人余の会員が所属しています。

LIONSの名は、強さ、勇気、忠誠、生命活動の象徴であるライオンに由来し、
また、LIBERTY, INTELLIGENCE, OUR NATION'S SAFETY
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)
という、スローガンの頭文字でもあります。

その言葉の通り、会員はすべて「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」のライオンズの誓いを立て、
「We Serve (我々は奉仕する)」をモットーに、よりよい社会の実現を目指して、環境、文化、青少年の教育、健康、福祉など多方面で、人道奉仕活動を続けてまいりました。

2017年にはライオンズクラブ創立100周年。「2017年12月までに1億人の人々に奉仕する」という100周年記念奉仕チャレンジをはじめ、その活動はますます勢いを増しています。