会長あいさつ

2020~2021年度
第67代会長 饗庭 智之

 この度、第67代会長を拝命致しました。ご縁あっての事ではございますが、やっと中堅の仲間に入れてもらえるか程度の若輩者が、負うべき大役に今更乍ら身を震わせているところでございます。皆様のご支援を頂きながら、なんとかつなぎのお役が果たせればと思っています。

 時代は令和に入っても落ち着いたとは言えず、とりわけ此の度のコロナ禍は大変と言う言葉にある通り、常識まで変えていく勢いで世界中を席巻しております。

 よき伝統を守るべく、不易の考えを基に徐々に調整してきた事がたまりにたまって、曲がり角を意識せざるを得ない状況を感じている頃に時代の不安が重なってきた、コンパスの設定が難しい時期に入っている様に思います。この様な時ほど少しでも多くの見識、考えをお聞きして次への指標とする事が肝要と存じます。そこで、農耕民族として共同作業で困難を克服してきた日本人の行動に習い、本年のテーマを「和心で奉仕 困難を越えて」とさせて戴きました。沢山のご教示を賜りたいと存じますのでご協力の程お願い申し上げます。特に例会開催困難の数ヶ月を経て、準備不足もあろうと存じますが、ご指導、ご鞭撻の程お願い致します。